登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

九州北部に大雨特別警報発令

© AP Photo / Koji Sasahara大雨
大雨 - Sputnik 日本, 1920, 14.08.2021
フォローする
日本の九州北部を中心に停滞する前線の影響で記録的な大雨となっており、佐賀県、長崎県、広島県の計56万2421世帯に、14日午前7時半の時点で警戒レベル5にあたる「緊急安全確保」情報が発表された。NHKが伝えている。

九州北部を中心に、停滞する前線の影響で線状降水帯が流れ込み記録的な大雨となっている。佐賀県、長崎県、福岡県、広島県で、大雨の警戒レベルで最も高いレベル5の「緊急安全確保」が発令された

過去3日間の降水量は、多いところで平年の8月1か月分の3倍を超える記録的な大雨となっている。

​13日早朝には、長崎県雲仙市で住宅2棟が土砂に押し流され、50代の女性が巻き込まれて死亡した。女性の夫と娘の行方がわからなくなっていて、警察は、2人が土砂崩れに巻き込まれた可能性が高いとみて、捜索を続けている。

​気象庁によると、前線が停滞するため16日にかけて西日本から北日本の広い範囲で非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあるとしている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала