登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

パンデミック時に児童・青少年の精神疾患の発症率が増加

CC0 / Pixabay / パンデミック時に児童・青少年の精神疾患の発症率が増加
パンデミック時に児童・青少年の精神疾患の発症率が増加 - Sputnik 日本, 1920, 16.08.2021
フォローする
新型コロナウイルスのパンデミックにおいて、世界で児童・青少年の精神疾患の発症率が2倍になっていることが分かった。うつ病や不安は、特に女児に多く見られたという。この調査結果は、医学誌「JAMA Pediatrics」で報告されている。

女性(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 30.06.2021
容姿に対する懸念によるうつ病、エピデミックの規模に
この調査は、2021年3月8日から22日まで行われ、18歳未満の児童・青少年8万879人を対象に行われた。

その調査結果によると、新型コロナウイルスのパンデミック時に、平均して25.2%の若者がうつ状態を、20.5%が不安を経験していることが分かった。しかし、パンデミック以前には、この割合の平均値がそれぞれ12.9%、11.6%だったという。

新型コロナウイルスが流行した最初の年である2020年度の統計によると、世界の若者の4人に1人が高いレベルのうつ病の症状を経験し、5人に1人は強い不安を抱えていたことが分かっている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала