登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

デルタ株に対するファイザー製とアストラゼネカ製の新型コロナワクチンの効果 3ヶ月後に低下

© Sputnik / Evgeny Odinokov / フォトバンクに移行研究
研究 - Sputnik 日本, 1920, 19.08.2021
フォローする
デルタ株に対する新型コロナウイルスワクチンの効果は、接種後の3ヶ月後に低下することが分かった。英オックスフォード大学の研究者が今回、英国で最も使用されているファイザー社製とアストラゼネカ社製のワクチンを用いて検証を行ったところ、明らかになった。この研究論文は、同大学のウェブサイトで公開されている。

研究者らは今回、ワクチン接種後にデルタ株に感染した人は、従来のウイルス株に感染した場合と比べて周りの人に大きなリスクが与える可能性があることを明らかにした。2回目の注射から90日後の時点で、ファイザー製は最大75%、アストラゼネカ製は最大で61%まで効果が減少した。また、35歳以上では、それより若い人たちと比べて効果が低下するケースが非常に多くみられたという。また、ワクチン接種後に感染した人のウイルス量は、ワクチン未接種の人と同程度だった。

研究者によると、接種後4〜5ヶ月後におけるワクチンの効果に変化はなかったという。

これよりも前、ロシアの感染症学者は新型コロナワクチンがあっても治療薬がない理由について説明している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала