登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

東電 福島事故原発処理水を1キロ沖合で放出へ 海底トンネル設置完了は2年後

© AFP 2021 / Philip Fong福島第一原子力発電所 処理水
福島第一原子力発電所 処理水 - Sputnik 日本, 1920, 25.08.2021
フォローする
25日、東京電力は事故を起こした福島第一原子力発電所のトリチウムを含む処理水について、基準値以下に希釈し、海底トンネルを通じて原発の沖合1キロの地点で海洋放出する方針を発表した。NHKが報じた。

東京電力はトンネル敷設について、沖合で放出することで処理水を再度取水しないためと説明し、2年後の2023年春の設置完了を目指すとしている。

NHKの報道によれば、東京電力は海洋放出による風評被害が発生した場合の賠償方法も定時しており、業種ごとの価格や取引量など、統計データを用いて損害を推認するとしている。この方法について、東電の隠蔽に苦しんできた地元の漁業関係者らからはすでに、風評被害が起きないとは言い難いと疑問の声があげられている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала