登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Концепция современных технологий - Sputnik 日本, 1920
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

大阪大学が3Dバイオプリンターで霜降り和牛の印刷に成功

和牛 - Sputnik 日本, 1920, 26.08.2021
フォローする
日本の大阪大学が、牛の幹細胞を使って、霜降り和牛の3Dプリントに成功した。その研究成果は、自然科学雑誌「ネイチャーコミュニケーションズ」に掲載された。

大阪大学は3Dプリンターを使って、本物に限りなく近い質感の再現を試みた。研究チームのひとり、カン氏は「和牛の組織構造をモデルにし、筋繊維、脂肪、血管などの特徴を持つ複雑な構造を再現できる3Dプリント法を開発した」と語っている

研究者らが用いたのは、ミオサテライト(筋肉組織の細胞)と脂肪組織の間葉系幹細胞という2種類の多能性幹細胞。それからバイオプリンターを用い、腱のコラーゲンから作ったゲルに72本の繊維(筋肉細胞42本、脂肪細胞28本、毛細血管2本)をプリントし、それを肉のモデルの通りに3次元構造に変容させた。

大阪大学は、今回の技術によって、将来的には消費者の味の好みや食生活に応じてパーソナライズした肉を注文できるようになると語っている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала