登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

東京・白金高輪駅の硫酸事件 被害男性は全治半年の重傷

© Sputnik / Artur Alexandrov / フォトバンクに移行東京・白金高輪駅の硫酸事件 被害男性は全治半年の重傷
東京・白金高輪駅の硫酸事件 被害男性は全治半年の重傷 - Sputnik 日本, 1920, 26.08.2021
フォローする
東京都内の東京メトロ南北線・白金高輪駅構内で24日夜、エスカレーターで男が硫酸とみられる液体を会社員男性にかけ逃走した事件で、男性は全治約半年の重傷を負ったことが分かった。警視庁は防犯カメラ映像を分析し、現在も男の行方を追っている。日本のメディアが報じた。

男性は顔や肩などにやけどを負ったほか、「目が見えない」などの症状を訴えているという。また、男性の後ろにいた女性会社員も床に広がっていた液体で転倒し、膝をやけどした。

この事件を受け警視庁は25日、防犯カメラに写っていた逃走中の男の画像を公開。上りエスカレーターで男性とすれ違いざまに顔をねらい、液体をかける男の姿が映っていたという。

​男は30代から50代くらいとみられており、身長は175センチメートル程度。犯行当時、黒い半袖シャツと黒いズボン、黒い帽子にマスク姿で、右手に白い手袋をはめていた。

男が男性との距離を徐々に詰めていき至近距離で液体をかけたことから、警視庁は男が男性に狙いを定め犯行に及んだとして行方を追っている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала