登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

白金高輪駅の硫酸事件 「学生時代にため口でトラブルになった」

© REUTERS / Yuya Shino白金高輪駅の硫酸事件 「学生時代にため口でトラブルになった」
白金高輪駅の硫酸事件 「学生時代にため口でトラブルになった」 - Sputnik 日本, 1920, 29.08.2021
フォローする
日本の東京都港区の東京メトロ白金高輪駅で男性会社員が硫酸をかけられて重傷を負った事件で、この男性会社員が警視庁に対し、学生時代に容疑者にため口を使ってトラブルになったと話していることが捜査関係者への取材でわかった。日本のマスコミが報じた。

24日、東京都内の東京メトロ南北線・白金高輪駅構内で、男性会社員が硫酸とみられる液体をかけられて重傷を負った。日本の警視庁は28日、傷害容疑で公開指名手配していた職業不詳の花森弘卓容疑者(25)を逮捕した。

毎日新聞などの日本のマスコミによると、男性会社員と花森容疑者は以前、同じ大学に通っており、同じサークルの先輩と後輩の関係で、男性会社員が後輩だった。男性会社員は「大学時代に(花森容疑者に)ため口を使ってトラブルになった」と話しているという。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала