米国防総省 カブールに軍用犬を置き去り 犬を待つのは拷問と死

© Sputnik / Ilya Naymushin / フォトバンクに移行
犬 - Sputnik 日本, 1920, 31.08.2021
米国の動物擁護NPO組織American Humaneはアフガニスタンで米軍に従軍して働いた犬たちを現地に置き去りにしたとして、米政府を糾弾した。

「米政府がカブールから撤退し、現地に米軍のために働いてくれた勇敢な軍用犬を置き去りにしているというニュースに驚愕している。犬たちを待つのは我々の敵による拷問と死だ」American Humaneのロビン・ハンサート代表はこうした声明を表した。

米国のこうした行為の一方で英国では、アフガニスタンで動物保護施設を経営していた英国人元海兵が奔走し、特別機を組織して現地から猫60匹、犬140匹を英国に連れ帰ったというニュースが報じられている。


8月15日、テロ組織タリバンがカブールの大統領官邸に自分たちの旗を掲げた。大統領官邸のホールでは、タリバンが勝利を祝っている。タリバンはカブールにある全ての政府機関を掌握した。

31日、アフガニスタンに駐留していた全ての米兵が撤退を完了した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала