登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

医師が警告 長引くポストコロナ症候群に新たな危険

© 写真 : Pixabay / Luvqs医師が警告 長引くポストコロナ症候群に新たな危険
医師が警告 長引くポストコロナ症候群に新たな危険 - Sputnik 日本, 1920, 01.09.2021
フォローする
米国の研究者らがコロナウイルス罹患後の症状に腎不全が頻繁に見られることを明らかにした。腎機能の低下は回復後数か月たって現れており、感染が軽症であった場合もこうした症状が出ることがある。調査の結果は米国腎臓学協会ジャーナルに掲載されている。
腎不全は通常は他の病気や症状を伴わない。そのため、多くの人は診断されて初めてまで腎機能の障害に気づく。腎不全は血液検査によってしか判明しないため、この調査の研究者らはCOVID-19から回復した後は腎機能の診断を行うよう提案している。
研究者らは腎不全リスクが最も高いのは集中治療室にいる患者であるものの、軽度の感染の場合も安心してはならないと指摘している。調査の結果、コロナウイルスに感染したものの、入院までに至らなかった人達の深刻な腎不全リスクは健康な人よりも平均で15%も高いことが分かっている。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала