登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

抗生物質の服用に新たな危険

CC0 / Pixabay / 抗生物質の服用に新たな危険
抗生物質の服用に新たな危険 - Sputnik 日本, 1920, 02.09.2021
フォローする
スウェーデンの研究者らが抗生物質を服用した場合、その後5年から10年の間に大腸がんにかかるリスクが高くなることを明らかにした。研究結果はスウェーデンの国立がん研究所ジャーナルに発表されている。
研究者(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 28.06.2021
最もアグレッシブながんの種類 ロシアの医師が語る
その結果、抗生物質を6か月以上服用した人は男女の別なく上行結腸のがんの罹患リスクが17%も高いことがわかった
さらに、大腸がんのリスクは抗生物質の服用後5年から10年ですでに高くなっていた。大腸がんはわずか1度のコースの服用で発生していた。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала