登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ドストエフスキーの生誕200周年を記念してモスクワに新しい銅像が誕生【写真】

© Sputnik / Alexey BushkinПортрет Ф. М. Достоевского художника Василия Перова. 1872 год
Портрет Ф. М. Достоевского художника Василия Перова. 1872 год - Sputnik 日本, 1920, 07.09.2021
フォローする
ロシアの作家フョードル・ドストエフスキーの生誕200周年を記念し、モスクワにある図書クラブ「ドストエフスキー」で式典が開催された。式典には作家の玄孫も出席した。リアノーボスチ通信が報じた。
モスクワで開かれた記念式典には作家の玄孫であるアレクセイ・ドミトリエビチ・ドストエフスキー氏がサンクト・ペテルブルク市から訪れて出席した。
ロシア・東欧のアート書籍専門店イスクーストバの店主、稲葉直紀さん - Sputnik 日本, 1920, 30.04.2021
ロシア・東欧のアート書籍専門店イスクーストバ  店主の稲葉さん、ロシア美術への愛について 
アレクセイ氏はリアノーボスチ通信の取材に応じた中で次のようにコメントした。
モスクワはドストエフスキーにとって生まれ故郷です。その作品の多くではモスクワが「母」として提示されていると言えますし、これは行間から読み取れることでもあります。首都において記念碑の数がリードを保ち、フョードル・ミハイロヴィチ(ドストエフスキー:スプートニク日本編集部)がこのように素晴らしい年齢、夢を見る年齢の姿で表現されたことは嬉しい限りです。
銅像は本を読む若き日のドストエフスキーを象ったもの。当時のドストエフスキーは25歳の青年で、文学に身を捧げる覚悟を決めた時期とされている。将来の文豪の手にはプーシキンの本『ボリス・ゴドゥノフ』が握られている。

В центре Москвы открыли памятник Достоевскому. Вот это я понимаю памятник! А не кусок глины (говна). У нас есть столько культовых фигур исторических, которые нуждаются в памятниках, их нужно воздвигать! pic.twitter.com/EJbzgPHnEf
​ドストエフスキーは1880年6月6日、プーシキン像の除幕式後にモスクワで行われた慈善集会に出席し、『ボリス・ゴドゥノフ』の一場面を読み上げていた。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала