登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本 道路交通量の調査に人工知能を利用 コスト削減を目指す

© AFP 2021 / Yoshikazu Tsuno日本、車(アーカイブ)
日本、車(アーカイブ) - Sputnik 日本, 1920, 13.09.2021
フォローする
日本の国土交通省は、道路交通量の調査業務について人手による観測を廃止し、人工知能(AI)を利用する方針を検討している。時事通信が報じた。
同省によると、道路の交通量は、調査員が走行する車を目視で確認してきた。しかし、今後は撮影したカメラ映像をAIが分析する方法に切り替え、業務の効率化やコスト削減を目指すという。
読売新聞によると、国土交通省は、日本最東端の南鳥島と、最南端の沖ノ鳥島にある施設や周辺海域の状況確認に、AIを利用する。同省が新たに導入するシステムでは、人工衛星がこれらの島に設置された施設を撮影し、AIが画像分析を行う。また、周辺海域の監視には衛星とAIを組み合わせたシステムを構築していくという。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала