登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本のSynspective社 ボストチヌイ宇宙基地での2回目の衛星打上げで契約締結

人工衛星 - Sputnik 日本, 1920, 16.09.2021
フォローする
日本のSynspective社は2022年中旬にロシアのボストチヌイ宇宙基地からレーダー衛星StriX-1を打上げることを予定している。この打上げは自然災害地域の観測のため軌道上に機器のコンステレーションを構築することを目的とする。
宇宙 - Sputnik 日本, 1920, 16.09.2021
地球の軌道上に滞在する人数が記録更新
初の衛星StriXの打上げは2020年にニュージーランドで実施されている。2023年にはコンステレーションが6機にまで拡大される予定で、2030年までに30機が配置されることになる。その主な任務は世界各地の自然災害地域を観測することにある。
一方、ロシアは現在、軌道上に地球をレーダー観測する衛星を1つも配置していない。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала