登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

南極上空のオゾンホール、南極大陸を上回る大きさに

© Sputnik / Alexey Nikolsky / フォトバンクに移行南極
南極 - Sputnik 日本, 1920, 18.09.2021
フォローする
南極上空のオゾンホールが次第に大きくなっている。欧州の地球観測プログラム「コペルニクス大気監視サービス(CAMS)」の専門家らによれば、過去1週間で、その大きさは南極大陸を上回った。英ガーディアン紙が伝えた。
南極のオゾン層の厚みは季節によって変わる。8月から10月にかけては薄くなるが、9月半ばから10月半ばにかけて最大となる。しかし観測プログラムによれば、今年、オゾンホールの大きさは1979年以来観測されてきた同時期のオゾンホールの75%の規模に拡大しているという。しかし、その理由ははっきりしていないとガーディアン紙The Guardianは指摘している。
海洋上の温室効果ガス、2075年には放出量が吸収量を上回る - Sputnik 日本, 1920, 23.03.2021
海洋上の温室効果ガス、2075年には放出量が吸収量を上回る
今後、専門家らはオゾン層がこれほど急激に薄くなった理由を明らかにするとしているとガーディアン紙は書いている。
地球を紫外線から守ってくれるオゾン層の破壊は、20世紀になって進行した。フロン類などの合成化合物の使用によって、オゾンホールが形成されている。専門家らは、こうした合成化合物の使用が国際的に禁止されたことから、オゾン層は次第に回復するだろうと見ているが、ガーディアン紙The Guardianはこのプロセスには長い時間がかかるだろうと指摘している。
地球温暖化の影響は南極大陸にも及んでいる。2021年5月に、世界最大の氷山が南極大陸から分離したというニュースは「スプートニク」の過去の記事よりお読みいただけます。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала