Apple iPhone用のうつ病診断機能を開発中 精神障害の人のガジェット使用方法は他とは異なる ウォール・ストリート・ジャーナル

© Depositphotos / RawpixelApple iPhone用のうつ病診断機能を開発中 精神障害の人のガジェット使用方法は他とは異なる ウォール・ストリート・ジャーナル
Apple iPhone用のうつ病診断機能を開発中 精神障害の人のガジェット使用方法は他とは異なる ウォール・ストリート・ジャーナル - Sputnik 日本, 1920, 22.09.2021
ウォール・ストリート・ジャーナル紙によれば、AppleはiPhoneを使ってうつ病や認知障害を診断する技術の開発に取り組んでいる。これまでの研究で精神障害を抱える人たちのデジタル機器の使用方法は、健常者の使い方と異なることが指摘されている。
パンデミック時の遠隔コミュニケーションは高齢者に危険 - Sputnik 日本, 1920, 01.08.2021
新型コロナウイルス
英研究者解明 パンデミック時の遠隔コミュニケーションは高齢者に危険
リサーチャーが追跡に使用しようとしているのはiPhoneのビデオカメラ、キーボード、オーディオセンサーのデータのほか、ユーザーの顔の表情からウォーキングの速度や頻度、睡眠の時間帯、心筋の伸縮回数、呼吸の回数、これに加えてテキストのタイピングの速度やタイプミスを行う頻度までと、実に広範に及ぶ。
ウォール・ストリート・ジャーナルは、こうした追跡を行うAppleのもう1つの目的は小児期の自閉症の発見を助けるアルゴリズムを作ることににあると報じている。
関連ニュース
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала