富士山の初冠雪、気温上昇で取り消し 気象庁が発表

© Flickr / Wall Boat富士山の初冠雪、気温上昇で取り消し 気象庁が発表
富士山の初冠雪、気温上昇で取り消し 気象庁が発表 - Sputnik 日本, 1920, 22.09.2021
山梨県の甲府地方気象台は22日、今月7日に観測された富士山の「初冠雪」について、平均気温の最高値が20日に更新され、条件に合わなくなったとして取り消した。記録の取り消しは過去20年で行われたことはなく、異例の対応とみられる。日本のメディアが報じた。
同気象台は富士山の初冠雪を毎年目視で確認しているが、山頂の日平均気温が最高となった日を過ぎた後、雪などが観測されることが条件となっている。
スイス - Sputnik 日本, 1920, 28.08.2021
スイスのスキーリゾート 雪の消失を阻止するためアルプスをフリースで覆う
今年は8月4日に平均気温9.2度を観測。その後いずれも気温が下回ったため、9.2度を最高値として確定し、9月7日に確認された冠雪を初冠雪として発表した。平年より25日、昨年より21日早い記録だった
しかし20日、平均気温が10.3度となったため、発表した初冠雪を規定上取り消すことになった。2009年以降、初冠雪記録の取り消しはなかった。
今後、雪などが確認された日が初冠雪になるという。
同気象台は「今年は山頂の気温の変動が激しいため、最高値を確定する判断が難しい」とコメントしている
関連記事
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала