登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

福島第一原発で仮置き廃棄物急増 原子力規制委が管理態勢見直し要求

© Sputnik福島第一原発
福島第一原発 - Sputnik 日本, 1920, 22.09.2021
フォローする
日本の原子力規制委員会は、東京電力福島第一原発で屋外に設置した仮設集積場に置かれる廃棄物が急増し、管理が不適切として管理態勢の見直しを求めた。NHKが報じている。
福島第一原発の廃炉作業で発生する放射性廃棄物は、今年3月時点で約48万立方メートルあり、多くは屋外の規定の場所で一時保管されているが、簡単に運搬できない瓦礫などは原則1年を上限に仮設集積場に置かれている。
処理水 - Sputnik 日本, 1920, 09.09.2021
IAEA幹部、福島第一原発を視察
仮置き廃棄物が急増した原因について東京電力は、一時保管エリアでコンテナの積み直しなどのため受け入れを一時中断したことや、コンテナから放射性物質が漏れ点検作業などを実施したためだと説明している。
原子力規制委員会は、仮設集積場でパトロールの回数が少ないなど、適切な管理が行われていないおそれがあるとして、管理態勢の見直しを求めた。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала