登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本の都立高入試 男女別定員を段階的に廃止へ 男女で合格点に差

© Wikipedia / By Okajun 日本の都立高入試 男女別定員を段階的に廃止へ 男女で合格点に差
日本の都立高入試 男女別定員を段階的に廃止へ 男女で合格点に差 - Sputnik 日本, 1920, 24.09.2021
フォローする
東京都教育委員会は24日、都立高校の入試で男女別に定員を設けて募集する現行の制度を撤廃し、性別で分けない「男女合同定員」に段階的に移行する方針を決めた。男女で合格点に差が生じている今の状態を解消する意向だという。日本の各メディアが報じた。
男女別定員制は、都道府県立高校では都だけが設けている制度。男女別に定員が分かれているために最低合格点に差が生じており、今年度の都立高校の入試では、不合格者約800人中約700人が女子生徒だったという。
マクスウェル・チメザさん - Sputnik 日本, 1920, 03.07.2021
ジンバブエの27歳の教師、WhatsAppを使って教え子たちを大学入試合格に導く
都の教育委員会によると、同制度を段階的に見直す方針で、2022年度の入試から都内の全日制普通科高校109校すべてで、「緩和措置」を実施する。この措置は全体の定員の1割を性別に関係なく得点順で合格者を決めるもので、一部の学校のみで実施していたものを全109校に拡大する。
次の段階で1割から2割に増やし、最終的に男女合同定員に移行するという。
完全移行する時期は未定だが、来年度の入試結果を分析してから判断するとしていて、藤田裕司教育長は「早期に移行を目指していく」とコメントしている。
関連記事
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала