登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

爆弾テロで国連平和維持軍兵士7名が死亡 ソマリア

© AFP 2021 / Yasuyoshi Chibaモガディシュ
モガディシュ - Sputnik 日本, 1920, 25.09.2021
フォローする
ソマリア南部で自家製の爆発物が爆発し、国連平和維持軍の兵士7名が亡くなった。マスコミが報じている。
ソマリ・ガーディアン紙によると、この事件は25日、モガディシュで起きた。狙われたのは、アフリカ連合軍の車列。

Today's terror attack in #Somalia's capital of #Mogadishu after car bomb explosion hit a security checkpoint near presidential palace.

Despite all these attacks some morons are clapping and cheering Farmaajo. Top ranking officials in his govt are the chief sponsors of Alshabaab. pic.twitter.com/XxA0PNGWXT
​アルカイダと関係がある過激派組織「アル・シャバブ」の戦闘員が犯行声明を出しており、ブルンジの部隊7名を殺害し、装甲車1台を破壊したと主張している。

Seven people were killed and 9 others wounded after a terrorist suicide car bomber detonated at #Mogadishu’s El-Gab junction on Saturday-Somali Police. pic.twitter.com/IlNRH377Xv
​この過激派組織は、ソマリアの中央政府に対して武装闘争を展開し、国連の人道支援活動を妨害している。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала