登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

足に注意:危険なコレステロール値の兆候

足 - Sputnik 日本, 1920, 26.09.2021
フォローする
足の爪の伸びる速さが著しく遅くなった場合、それは血中のコレステロール値が数倍高まったことを示している。英紙デイリー・エクスプレスが、米メイヨー・クリニックを引用して報じた。
コレステロールは血管を収縮させ、血流を制限し、その結果、爪の長さに影響を与える。また激しく動いた後、病気にかかっている人は、ふくらはぎの筋肉に痛みを伴うけいれんを感じることがあるという。
動脈の問題の別の兆候として、足のしびれもある。病気にかかっている人は、足が冷えたり、髪の毛が抜けることもよくあるという。
高コレステロール値は動脈を詰まらせ、心血管疾患のリスクを高める。それが身体のどの部分で発生するかによって、脳卒中や心臓発作を引き起こす恐れがある。活動的なライフスタイルや不飽和脂肪酸を多く含む食事は、血中のコレステロール値を下げるのに役立つ。
スプートニクは以前にも、高コレステロール値の隠れた兆候について報じた
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала