登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

北朝鮮発射の飛翔体は分析中 EEZには飛来せず=日本防衛省

© 写真 : Pixabay / MichaelGaida北朝鮮発射の飛翔体、弾道ミサイルか EEZには飛来せず=日本防衛省
北朝鮮発射の飛翔体、弾道ミサイルか EEZには飛来せず=日本防衛省 - Sputnik 日本, 1920, 28.09.2021
フォローする
28日午前6時半過ぎ(日本時間)に北朝鮮が日本海に向けて発射した飛翔体について、日本防衛省は日本の領域や排他的経済水域(EEZ)には飛来していないと推定しており、また現在、弾道ミサイルかどうか詳しい分析を進めている。NHKが報じた。
防衛省関係者によると、午前9時時点では日本の航空機や船舶の被害などの情報は確認されていないという。
高市早苗氏 - Sputnik 日本, 1920, 20.09.2021
高市早苗氏、米の中距離ミサイル日本配備「必要」 自民党総裁選4候補がテレビ出演
中山泰秀防衛副大臣は同日、防衛省で記者団に対し「弾道ミサイルであるか否かも含め、情報をもとに総合的、専門的な分析を行う必要があり、現時点で確たることを申し上げることは差し控える」と述べた。飛翔体の速度や飛翔距離、高度、変則軌道の可能性、落下地点は現在分析中という。
北朝鮮が弾道ミサイルを発射したとすれば、日本のEEZの内側に落下したと推定されている今月15日の発射以来となる。
また、韓国軍によれば、飛翔体の高度や飛行速度などから、従来のものとは異なるものである可能性があるという。
発射された北朝鮮北部・チャガン(慈江)道のムピョンリ(舞坪里)からは4年前、大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の「火星14型」が発射されている。
関連記事
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала