登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

Google Playのアプリにマルウェア 感染被害は端末1000万台以上

© Sputnik / Pavel Bednyakov / フォトバンクに移行Google Playのアプリにマルウェア 感染被害は端末1000万台以上
Google Playのアプリにマルウェア 感染被害は端末1000万台以上 - Sputnik 日本, 1920, 30.09.2021
フォローする
情報セキュリティ専門企業ジムペリウム(Zimperium)は、グーグルプレイ(Google Play)の複数アプリにマルウェア(悪意あるソフトウェア)「GriftHorse」を検出した。その感染被害は世界70か国以上のアンドロイドスマホ1000万台以上に及んでいる。情報サイト「The Record」が伝えている。
GriftHorseはユーザーが気づかぬうちに有料SMSサービスに加入させ、マルウェア作成者に数百万ドル(約数億ドル)をもたらす仕組みになっているという。ユーザーが感染アプリをインストールすると、GriftHorseは様々な賞品やお得な情報を提供するポップアップや通知攻めを開始する。ユーザーがバナーをクリックすると、あるページに飛び、オファーへのアクセス権を得るために電話番号の確認を求められる。電話番号を入力することで、ユーザーは自らの手で月々35ドル(約3千900円)の有料SMSサービスに申し込んでしまったことになる。
ネットフリックス - Sputnik 日本, 1920, 29.09.2021
ネットフリックス ゲーム部門発展のためにゲームスタジオを初買収
スプートニク通信は以前、海賊版ゲームのコピーをインストールすることはいかに危険であるかを取り上げた。勝手に仮想通貨をマイニングさせるマイニングウイルス「モザイクローダー(MosaicLoader)」がその一つだ。
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала