登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

モス芸指導者、若手演出家のデビュー企画について語る

© Sputnik / Evgenii Odinokov / フォトバンクに移行Основатель и художественный руководитель театра (СТИ), заслуженный деятель искусств РФ Сергей Женовач во время передачи московского театра "Студия театрального искусства" (СТИ) в федеральное подчинение.
Основатель и художественный руководитель театра (СТИ), заслуженный деятель искусств РФ Сергей Женовач во время передачи московского театра Студия театрального искусства (СТИ) в федеральное подчинение. - Sputnik 日本, 1920, 01.10.2021
フォローする
チェーホフ記念モスクワ芸術座で進む新企画「演出家デビュー・ラボラトリー」の一環でチェーホフの小説「我が人生」が舞台化され、劇場の新ホールで10月1日にゲネプロを迎える。モスクワ芸術座のプレスサービスがリアノーボスチ通信の取材に応じて中で明らかにした。
モスクワ芸術座のセルゲイ・ジェノバチ芸術監督は取材の中で次のように指摘した。
モスクワ芸術座の演出家デビュー・ラボラトリーが現実のものとなってきた。これは我々にとって新しいフォーマットで、私が思うに大変正しいものだ。演出家の思考は総合的なものであるから、若者たちが作品のコンセプトや空間構成を披露してくれることは興味深い。若者たちには一定の資金が拠出されるので、彼らは自分のアイディアに賛同する芸術座の役者をキャスティングし、完成した作品を披露することになっている。
ロシアのニキータ・ミハルコフ監督 - Sputnik 日本, 1920, 30.09.2021
オスカーは政治の道具、ロシア映画の受賞は困難=ミハルコフ監督
ジェノバチ芸術監督によると、劇場側は演出学科に在学中の学生や卒業生から実に多くのエントリーを受けつけたという。モスクワ芸術座の芸術評議会による判断の結果、3人の若手演出家が選ばれて作業に着手した。 
10月3日には若手演出家セルゲイ・トヌィシェフさんによる新作「我が人生」が披露される。トヌィシェフさんは取材の中で次のようにコメントした。
これはアントン・パーヴロヴィチ・チェーホフの素晴らしい小説で、深く哲学的です。私がこの作品と出会ったのはロシア舞台芸術大学(GITIS)に入学したばかりの頃でしたが、その時に作品のコンセプトが誕生しました。私たちの生とは驚くべきもので、時には捕まえようがなく、自分の行動と自分に起こることのつながりを見失いがちです。そして自分を貫き通すのか、それとも身を引くのかで迷い、気が小さくなります。 そうこうするうちに時間は過ぎていきます。チェーホフ作品の主役は時間です。時間が人間を試すのです。何かが残るのか、それともすべては過ぎ去ってしまうのか。私たちの作品ではこのことがテーマとなっています。
トヌィシェフさんのほか、エヴゲニー・ザキーロフさん、エゴル・トルゥーヒンさんも審査をパスし、新作披露が期待されている。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала