登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

海自護衛艦「いずも」でF35B発着艦試験、10月3日から=日本防衛省

© AFP 2021 / Toshifumi Kitamura「いずも」
「いずも」 - Sputnik 日本, 1920, 01.10.2021
フォローする
日本の防衛省は9月30日、海上自衛隊の護衛艦「いずも」で、米軍の最新鋭ステルス戦闘機「F35B」の発着艦試験を初めて実施すると発表した。読売新聞が報じている。
F35Bは、短距離滑走での離陸や垂直着陸が可能な戦闘機。防衛省は2023年までに18機を導入し、2024年度から運用を開始する計画。海上自衛隊最大級の護衛艦「いずも」と「かが」に搭載できるよう、甲板の耐熱塗装や艦首形状の改修を進めてきた。
防衛省は「いずも」の耐熱塗装が終了したことから、10月3日から7日、山口県の米軍岩国基地に配備されている米海兵隊の「F35B」2機を使用し、太平洋上で試験を実施すると決めた。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала