登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ペテルブルクで120年ぶり ロマノフ家後継者が挙式

© REUTERS / Anton Vaganovペテルブルクで120年ぶり ロマノフ家後継者が挙式
ペテルブルクで120年ぶり ロマノフ家後継者が挙式 - Sputnik 日本, 1920, 01.10.2021
フォローする
ロシアのサンクトペテルブルクで10月1日、ゲオルギー・ロマノフ氏(ゲオルギー・ミハイロヴィチ大公)とイタリア外交官の娘であるレベッカ・ベッタリーニさんが結婚式を挙げた。今回の挙式には国外から約20の王朝から客が招かれ、ロシア帝室において歴史的に重要な位置づけとされている。一方でロマノフ家の別の支流は皇位継承者を認めていない。
ロシア帝室家長顧問のキリル・ネミロヴィチ=ダンチェンコ氏によると、ペテルブルクでのロシア帝室メンバーの挙式は120年以上行われておらず、今回は歴史的、国際的に意義ある出来事だったとしている。
同氏はこの出来事を2018年サッカーワールドカップと比較し、「もっと規模の大きな例えとして、2018年FIFAワールドカップ・ロシア大会を訪れた外国サポーターの印象を取り上げたい。彼らはロシア人の親切に驚き、ロシアを訪れる前に散々脅された『恐怖』は全くなかったのだから」と語った。
ゲオルギー大公とレベッカ・ベッタリーニさんの式典には欧州やアジアの皇室、王室、主権の長やメンバー、外国賓客、ビジネス界や社会の代表、文化関係者が招かれていた。ネミロヴィチ=ダンチェンコ氏は、今回の式典をきっかけに、現代ロシアの生活に国際メディアからさらに注目が集まるだろうと語った。一方、新型コロナの影響で希望者の全員がサンクトペテルブルクを訪問できたわけではないという。
ゲオルギー・ロマノフはウラジーミル・キリロヴィチ・ロマノフ(亡命中の1924年に自身を皇帝と宣言したキリル・ウラジーミロヴィチ大公の息子)の一人娘であるマリヤ・ウラジーミロヴナ・ロマノワの息子。キリル・ウラジーミロヴィチ大公は皇帝アレクサンドル2世の三男であるウラジーミル・アレクサンドロヴィチの次男で、ニコライ2世の従兄弟にあたる。
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала