登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本 子宮頸がんワクチン接種の「積極的勧奨」再開へ=厚労省

フォローする
日本政府が現在、積極的な接種呼びかけを中止している子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぐワクチンについて、厚生労働省の専門部会は1日、「積極的勧奨」の再開を認める方向で合意した。再開時期については今後、具体策を協議して最終決定するという。産経新聞が報じた。
子宮頸がんワクチンは日本国内で2009年に承認され、2013年4月に小学6年から高校1年の女子を対象に計3回の定期接種が実施された。しかし、接種後に体の痛みやしびれなどといった症状を訴える人が相次いだため、同年6月に個別の接種を呼びかける積極的勧奨を中止した。
がん - Sputnik 日本, 1920, 23.07.2021
乳がん細胞がほぼ完全に死滅 がんの新しい治療法を研究者が開発
1日の専門部会で専門家らは、海外の大規模調査で近年、子宮頸がんの予防効果が示されていること指摘。また、ワクチン接種と接種後の症状の関連性については科学的根拠が認められていないとした。一方で、症状を患う人へ対しては相談窓口が設置されており、医療支援や救済が行われているとした。
また、部会は厚労省に対し、積極的勧奨の再開でワクチン接種者の増加が見込まれるとして、接種後の症状を診療する協力医療機関への支援強化を検討するよう求めた
関連記事
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала