登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ノーベル医学生理学賞 生物が温度や触覚を感じる仕組みの研究に 

© AFP 2021 / Jonathan Nackstrandノーベル医学生理学賞 生物が温度や触覚を感じる仕組みの研究に 
ノーベル医学生理学賞 生物が温度や触覚を感じる仕組みの研究に  - Sputnik 日本, 1920, 04.10.2021
フォローする
スウェーデンのカロリンスカ研究所は4日、2021年のノーベル医学生理学賞を、生物が温度や触覚を感じる仕組みを研究したデビッド・ジュリアス氏とアーデム・パタポーティアン氏に授与すると発表した。 
両氏は、それによって人間が温かさや冷たさ、または触覚を感じる生化学反応を引き起こす受容体を発見した。
米国人のジュリアス氏は米カリフォルニア大学サンフランシスコ校の教授で、レバノン出身のパタポティアン氏は米ハワード・ヒューズ医学研究所に勤務している。

BREAKING NEWS:
The 2021 #NobelPrize in Physiology or Medicine has been awarded jointly to David Julius and Ardem Patapoutian “for their discoveries of receptors for temperature and touch.” pic.twitter.com/gB2eL37IV7
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала