登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Концепция современных технологий - Sputnik 日本, 1920
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

日本人科学者ら 二酸化炭素と建設廃材の活用法を考案

© East News / imago stock&people工場
工場 - Sputnik 日本, 1920, 08.10.2021
フォローする
日本人科学者らが、建設廃材コンクリートに含まれたり、建材の生産で排出される炭酸カルシウムと、大気中や産業で排出される二酸化炭素を使って新たな種類のコンクリートを開発した。研究結果はJournal of Advanced Concrete Technology誌に掲載された。
東京大学工学部の研究者らは、建設業で排出される炭酸ガスの量を劇的に削減することのできる技術を提案した。この技術では、コンクリートを作る際にセメントと水とを反応させるために必要なカルシウムの代わりに、コンクリート廃材または大気中からとられた二酸化炭素を炭酸カルシウムが使用される。
研究者らは最悪の場合、埋め立て場行きになる廃棄コンクリートからカルシウムの抽出を思いついた。そしてそれを、石灰石からカルシウムを抽出する際よりもはるかに低い温度条件で産業排気ガスまたは空中からとった炭素ガスと組み合わせた。
科学者らは、カルシウムカーボネートコンクリートと命名したこの資材の製造は、従来のコンクリートよりはるかに簡単であり、大気中の温室効果ガスの最たる原因である二酸化炭素のレベルを下げることが可能なため、大きな将来性があると考えている。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала