登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国で第3次世界大戦の地図が作成

© AP Photo / Jon Elswick米国で第3次世界大戦の地図が作成
米国で第3次世界大戦の地図が作成 - Sputnik 日本, 1920, 09.10.2021
フォローする
米国のザ・サン紙は、第3次世界大戦の勃発の可能性のある場所を示す世界地図を発表した。地図の作成者らは、世界中を巻き込む軍事紛争は台湾島絵をめぐる戦いから開始される恐れがあると予想している。
ザ・サン紙は、米中が台湾をめぐって軍事衝突を起こす確率が最も高いと認識しており、その後、対立は世界的な規模に拡大すると考えている。
地図の作成者は台湾に次ぐ紛争の温床としてカシミール(インドと中国の係争地域)とホルムズ海峡(イランとアラブ首長国連邦の水域)を示唆している。さらに、第三次世界大戦の初期の段階に北朝鮮と米国が互いに核ミサイル攻撃による応酬を展開する。

Map reveals eight places where #WW3 may erupt as expert says US-China conflict would be ‘most devastating in history’ https://t.co/oDxTroqoNg
​ザ・サン紙は第3次世界大戦の他の誘因として、トルコとシリアの間の紛争が高じた結果と、イランとイスラエル間の核戦争を挙げた。
これより前、台湾政府は中国の台湾侵攻が2025年に起きる可能性を示唆している。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала