名優タバコフの記念碑、ノヴォデヴィチに立つ

© Sputnik / Vakery Melynkov / フォトバンクに移行Церемония открытия памятника на могиле народного артиста СССР О. П. Табакова
Церемония открытия памятника на могиле народного артиста СССР О. П. Табакова - Sputnik 日本, 1920, 09.10.2021
ユネスコの世界遺産にも登録されているノヴォデヴィチ修道院の墓地(モスクワ市南西部)にロシア演劇界の名優オレグ・パーヴロヴィチ・タバコフ(1935-2018)の記念碑が建立された。夫に先立たれた女優のマリーナ・ズージナさんが記念碑の除幕式でリアノーボスチ通信の取材に応じた。
ソ連人民芸術家である名優タバコフの功績をたたえた記念碑がユネスコ世界遺産のノヴォデヴィチ墓地に設置された。タバコフの記念碑は濃い緑色の大理石とガラスで作られ、画家のニコライ・スミルノフ氏と彫刻師のアンドレイ・ナリチ氏が制作を担当した。
ズージナさんは夫の記念碑について、次のように語った。
墓地に置かれる記念碑のなかに、オレグ・パーヴロヴィチ(タバコフ)の明るさを表現するのは大変な困難でした。私はこの記念碑に命が宿ることに期待しました。

Сияющая Марина Зудина с детьми открыла памятник Олегу Табакову: осенние кадры https://t.co/1ajnlu5BfK
​このようにズージナさんは語り、大理石の緑色に込められたメッセージを明らかにした。
除幕式にはタバコフの教え子たちも集まった。除幕式に出席したタバコフ劇場のウラジーミル・マシコフ芸術監督は取材の中で、故人の言葉を伝えた。
命とは個人の中で完結するものではない。だから命なのだ。このようにオレグ・パーヴロヴィチは言いました。ここにはオレグ・パーヴロヴィチの友人、親族、教え子が集まりました。教え子のさらに教え子も集まったこと、それが重要です。
このようにマシコフ芸術監督は語り、タバコフの伝統を現代ロシア演劇が受け継いでいることを強調した。
ロシアのニキータ・ミハルコフ監督 - Sputnik 日本, 1920, 30.09.2021
オスカーは政治の道具、ロシア映画の受賞は困難=ミハルコフ監督
タバコフはソ連、ロシアを代表する俳優。「機械仕掛けのピアノのための未完成の戯曲」(原作チェーホフ)や「オブローノフの生涯」(原作ゴンチャロフ)でその名演技を世界に知らしめたほか、声優としても活躍した。

От лежащего на диване дворянина Обломова до строгой домоправительницы мисс Юфимии Эндрю — Олегу Табакову была под силу любая роль.
17 августа 1935 года родился Олег Табаков. Читайте о творческом пути актера и вспоминайте любимые образы в комментариях: https://t.co/s0M1E0Baq0 pic.twitter.com/ecN09ftGoy
​ソ連時代に制作されたアニメ「プロスタクワシノの3人組」(原作ウスペンスキー)ではネコのマトロスキンを担当し、人気を博した。このキャラクターは今もマスコットとして、様々な商品に使用されている。

Табаков. pic.twitter.com/cAp49HTNeO
​タバコフはモスクワ芸術座付属演劇学校の学長、およびモスクワ芸術座の芸術監督を歴任したほか、オレグ・タバコフ・モスクワ劇場を創設した。タバコフは2018年3月12日に82年の生涯を閉じた。
関連ニュース
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала