WHO、コンゴのエボラ出血熱の症例を調査 流行終息宣言後、初の感染確認

© Fotolia / nanomanpro顕微鏡でみたエボラ・ウィルス
顕微鏡でみたエボラ・ウィルス - Sputnik 日本, 1920, 09.10.2021
世界保健機関(WHO)は、コンゴ民主共和国でエボラ出血熱の流行が終息したと宣言されてから初となるエボラの症例について、コンゴ政府と協力して調査を行っている。WHOのテドロス事務局長が発表した。
9日、コンゴ東部の北キヴ州ベニでエボラ出血熱の感染例が確認されたと報じられた。同国でエボラの流行終息が宣言されてから初めて。今月6日、3歳の男児がエボラ出血熱により死亡した。

The #DRC Ministry of Health just announced that a new case of Ebola has been detected in North Kivu Province, where a previous outbreak was declared over 3 May 2021. @WHO is working with health authorities to investigate the case.
​テドロス事務局長はツイッターに「WHOは、北キヴ州でのエボラの症例をコンゴ政府と協力して調査している」と投稿した。
コンゴ当局は5月初旬、同国にとって12回目となるエボラ出血熱の流行が終息したと宣言した。12回目の流行は2月に発生し、この間に少なくとも6人が死亡した。
関連ニュース
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала