登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米空軍の最も致死率が高い5つの兵器

© 写真 : US Air ForceB-52 Stratofortress
B-52 Stratofortress - Sputnik 日本, 1920, 10.10.2021
フォローする
サイト19fortyfiveは、米空軍の最も致死率が高い5つの兵器を発表した。記事を執筆したのは、元米軍将校のブレント・イーストウッド氏。
5つの兵器には、「すべての爆弾の母」と呼ばれることもある大規模爆風爆弾GBU-43/B MOABが入った。イーストウッド氏は、米空軍はGBU-43/B MOABを15発所有していると主張している。1発の重さは約10トン。
次にイーストウッド氏は、戦略爆撃機ボーイング B-52 ストラトフォートレスを挙げている。同機は744機製造された。世界の軍隊で運用されている中で最も古いモデルだという。イーストウッド氏はB-52について、個人的には最高だと考えていると指摘している。
その次は、爆撃機B-2と戦闘機ロッキード・マーチンF-35ライトニングII。軍は近いうちにも最大1700機の戦闘機を発注する計画だという。
最後は、さまざまな兵器を搭載できる戦闘機F-22ラプターだった。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала