登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

「クリーンな経済成長」に関するアイデアは本物のフェイクニュース

経済 - Sputnik 日本, 1920, 10.10.2021
フォローする
「クリーンな経済成長」とは、つまり自然環境の損失のない未来の生産発展であり、これについて欧州の政治家たちは議論することを好むが、美しい言葉でしかなく、現実の生活には関係がないとル・モンド紙の論説委員のステファン・フーカー氏は主張する。
記事の著者は、地上に存在する物理法則をまじめに受け入れるなら、エコロジー的に害のない経済的発展のアイデアをはっきりと「フェイクニュース」と呼ぶことができると確信する。フーカー氏は、1970年にはじまった世界的な経済成長は、自然環境に対する製造企業の影響と温暖化ガスの排出とは緊密に関係していたと指摘する。人間の経済活動の影響が低下する時期は稀だが、その時期と経済危機は常に一致している。このようにこれまで経済成長は常に天然資源の消費とリサイクルによって条件付けられている。これまで自然環境に対する人間の経済活動の低下と国民総生産(GDP)が同時に発展したことは1度もない。
アジアが地球の救済に数兆ドルを用意 - Sputnik 日本, 1920, 24.08.2021
アジアが地球の救済に数兆ドルを用意
フランス人論説委員によれば、「自然環境への圧力と影響の低下は、異なるタイプの経済と社会への移行を目的とした主要な革新を求め」ており、同時に、人類は、経済成長を否定し、慣れ親しんだ生活スタイルを変換することが非常に難しいという。フーカー氏は、「しかし、実際に我々には選択肢があるのかという問題を考えるには、あと2度上昇した世界を想像することで十分だ」と締めくくった。
通信社「スプートニク」は以前、東南アジアは、気候変動危機への対応のため緊急措置を講じ、12兆5000万ドル(約1376兆円)の予算化を2070年に向け予定していると報じている。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала