登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

金正恩総書記、米政府の敵対的でないとの信頼できない=北朝鮮

© REUTERS / KCNA金正恩氏
金正恩氏 - Sputnik 日本, 1920, 12.10.2021
フォローする
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記は、米国は北朝鮮を敵視していないと表明しているが、こうした主張を信じるのは難しいとして、同国の敵対的な行動に対抗するための軍備増強を呼びかけた。朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。
金氏は平壌で開かれた国防発展展覧会で演説した中で、最近、米国はシグナルを頻繁に出しているが、敵対的ではない信じられる行動的根拠は一つはないと述べ、我々は子孫のために強くならねばならないと語った。
北朝鮮に対話を呼びかけるバイデン大統領:北朝鮮はなぜ拒否するのか? - Sputnik 日本, 1920, 05.10.2021
北朝鮮に対話を呼びかけるバイデン大統領:北朝鮮はなぜ拒否するのか?
金氏はまた、現在、北朝鮮が直面している軍事的脅威は、10年前、5年前、あるいは3年前に有していたものとは異なると指摘した上で朝鮮半島の緊張状態は「米国の政策のため」 解消が難しくなっていると述べた。
そうした例の一つとして、米韓合同軍事演習の実施を挙げた金氏は、韓国は平和、協力、繁栄を目指すとの声明を出しつつ、軍備増強を続ける「偽善者」であり、こうした行動は「ダブルスタンダード」であると非難した。
金氏はこのことに対し「深い憂慮」を表し、韓国が北朝鮮の自衛的権利を毀損し続ければ、北朝鮮は「断固たる行動」を取ると警告した。
金正恩氏 - Sputnik 日本, 1920, 03.10.2021
激やせの金正恩氏に影武者説
一方で、金氏は 北朝鮮の軍備増強は韓国に対抗するものではないと述べ、この地で同族同士の紛争を2度と繰り返してはならないと言及した 。また「我々の主敵は戦争そのものであり、韓国や米国、 特定の国や勢力ではない」とも強調しつつ、平和の達成を目指した外交的努力は、自衛的権利の放棄を意味する訳ではないとした。
関連ニュース
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала