盛り土「措置命令」の発出見送り 熱海市が文書を公表

© AFP 2022 / Charly TriballeauПоследствия мощного оползня в японском городе Атами
Последствия мощного оползня в японском городе Атами - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
日本の静岡県熱海市で今年7月に起きた大規模な土石流災害で、崩落した上流部にあった盛り土を巡り、熱海市は19日、10年前に安全対策の実施を命じる措置命令を検討しながら発出を見送った文書を公表した。NHKが報じている。
起点にあった盛り土への行政側の対応の経緯を調査する市は19日、経過報告として過去の公文書約880枚を公表した
中には2011年、市が盛り土を造成した業者に対し、行政処分を検討しながら発出を見送った文書も含まれていた。そこには「土砂の崩壊・流出等により災害の恐れがあるため」、安全対策の計画書の提出と迅速な実施、土砂の搬入中止を命じると記載されていたという。
行政処分の見送りについて、斉藤栄熱海市長は19日、当時、業者が既に対策工事に着手していために「一定の安全性が担保されたと判断した。当時の判断は正しかった」と述べた。
さらに、2009年12月付けの市と県の対策会議の記録では、協議事項として「土砂の崩落または流出により何かあったときに行政として責任を問われかねない」として、崩落を止めるために市の負担で会社側に代わって対策を取る「行政代執行」を検討していたことも明らかになった。
関連記事
熱海の土石流 静岡県、過去に業者へ是正指導 盛り土の造成工事で
熱海の土石流災害 土砂の大半は盛り土 市に提出の計画上回る量
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала