登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

エジプト 巨大な羊の像の頭部3体がプトレマイオス朝の遺跡で発見

巨大な羊の像の頭部 - Sputnik 日本, 1920, 21.10.2021
フォローする
エジプト遺跡省は、プトレマイオス朝時代(紀元前305年から30年)の遺跡の発掘を行っていた考古学グループが門の近くで巨大な羊の銅像の頭部を3つ発見したと発表した。
エジプト学者らはこの頭部について、スフィンクスに類似した銅像のクリオスフォンクスの一部と指摘している。クリオスフォンクスとは、獅子の身体に羊の頭を持つ神話上の怪物で、古代の地下墓地を守っていたとされている。これらのクリオスフォンクスはカルナック神殿とルクソール神殿の間に植えられた、全長2.7キロの並木道に立っていた。この並木道には当時、700体あまりのクリオスフォンクスが立っていたことから、「クリオスフォンクスの並木道」と呼ばれることが多い。
発掘現場からは羊の頭部のほか、コブラの像の破片も見つかっている。
羊の頭部の制作前はまだわかってないものの、特徴からツタンカーメンの祖父で紀元前1390年から1352年に在位したアメンホテプ3世の時代のものと推測されている。
関連ニュース
米国先住民の祖先は、縄文人ではなく、シベリアの住民=研究
中国河南省 5000年熟成アルコール飲料の入った容器発見
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала