登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本企業、極東最大手の林産企業の株式取得に関する届出を行う=マスコミ

© Sputnik / Ilya Timin  / フォトバンクに移行ロシアの森
ロシアの森 - Sputnik 日本, 1920, 21.10.2021
フォローする
日本の木造分譲住宅建設トップの飯田グループホールディングスは、ロシア極東最大手の林産企業RFPグループの株式取得に関する届出を行った。取引は約1億5000万ドル(約170億9500万円)に上る可能性がある。露紙RBKが報じた。
飯田グループホールディングス(独自の情報によると、市場の50%以上を占め、年間約5万戸の木造住宅を建設)は、ロシア連邦独占禁止庁(FAS)にRFPグループの株式取得に関する届出を行った。
RBKは、飯田グループホールディングスは支配権の獲得を求めていると報じている。取引に詳しい別の情報筋によると、飯田グループホールディングスが株式75%を取得し、残りの25%は既存株主が保有する。
RFP(Russia Forest Products)グループは、極東最大手の林産企業で、ロシアからアジア諸国への木材輸出のリーダー企業の1つ。
関連記事
ロシア極東と日本 将来性の高い多くの分野
スターリンはなぜ北海道占領計画を放棄したのか?
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала