登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Концепция современных технологий - Sputnik 日本, 1920
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

生ゴミから水のろ過用フィルターが作られる 米国の大学院生が発表

© 写真 : Material Lab at Pratt InstituteКартридж Strøm из пищевых отходов
Картридж Strøm из пищевых отходов - Sputnik 日本, 1920, 21.10.2021
フォローする
米プラット・インスティテュートの大学院生であるシャーロット・ベニングさんとメリー・ランプレスさんは、生ゴミから生分解性素材を開発し、その素材から水のろ過用フィルターを作成した。デザインメディアのDezeenが報じている。
2人は今回、ピッチャーに装着する水のろ過用フィルターのカートリッジや、カップやボトルに投入できる浄水スティックなどを発表した
従来の浄水器には、地球の環境に悪影響を及ぼす活性炭やプラスチックが使われている。しかし、ベニングさんたちは今回、環境にやさしい新素材を開発。熱分解(酸素なしで加熱)によって、生ゴミをバイオ炭にし、これに天然樹脂の蜜蝋などを組み合わせることで新素材を作り上げた。
年間1億個ものプラスチック製のカートリッジが埋め立てられているが、今回開発された新素材のフィルターは土壌中で完全に分解され、土壌を肥やしていくという。
また、新素材で作られたろ過フィルターは、埋立地で有害物質を吸収し続けることができるという。
関連ニュース
日本人科学者ら 二酸化炭素と建設廃材の活用法を考案
アイスランドで大気から二酸化炭素を抽出する世界最大の工場が開設
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала