登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシア南部の原子力発電所で蒸気漏れ

CC BY 2.0 / Tristan Schmurr / Radioactive graffiti放射能線(イメージ)
放射能線(イメージ) - Sputnik 日本, 1920, 21.10.2021
フォローする
ロシア南部にあるロストフ原子力発電所で蒸気漏れが起こり、2号機の稼働が停止された。緊急対応当局がリア・ノーヴォスチ通信に明らかにした。
当局者は「蒸気漏れにより、ロストフ原発2号機の稼働が停止され、修理されることになった」と述べた。
当局者によると、人的被害は出ておらず、原発敷地内の放射線量も基準値を超えておらず、3基の原子炉が稼働を続けている。現在、蒸気漏れの調査が行われている。
ロシアの国営原子力企業「ロスアトム」の関係者がリア・ノーヴォスチ通信に伝えたところによると、21日、ロストフ原発2号機は、蒸気が確認された原子炉内の熱機械設備の規定された作業手順に従って稼働が停止された。状況は正常で、安全上の脅威はないという。
関連記事
ロシアの小1天才男児 原発の「運転」にトライ
岸田首相 福島第一原発を視察
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала