登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

MRI装置の中で頭部打撃で患者が即死 韓国

© AFP 2021 / Loic VenanceМашина скорой помощи в Париже
Машина скорой помощи в Париже - Sputnik 日本, 1920, 21.10.2021
フォローする
韓国南部の金海市の病院で、60歳の患者がMRI装置の中で酸素ボンベを頭にぶつけて死亡する事故が発生した。インディペンデント紙が報じた。
死亡した患者の名前は公表されていない。男性は10月14日にてんかん発作に似た発作を起こして入院。患者はMRI検査を受けようと、装置内部に横たわったが、その際に酸素ボンベがMRI内に吸い込まれ、男性の頭を直撃した。これにより男性は即死した
警察では、なぜMRI検査室に酸素ボンベが持ち込まれたのか、その原因を捜査している。今のところ、MRI内蔵の酸素システムが故障していたため、外部からの酸素供給が必要だったのではないかと推測されている。
MRI検査室では強い磁場が生じるため、金属製の物は近づけないようにするのが通常で、韓国では、MRI検査室に金属物を持ち込むことは基本的に禁止されている。
関連ニュース
米国 看護師が患者4人に空気を注入して殺害
乳児8人を殺害した女性看護師、審理に出席
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала