登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

ロシアでワクチン接種証明書のフェイクが横行

© Sputnik / Екатерина Чеснокова / フォトバンクに移行Работа ресторанов после введения новых ограничений для заведений общепита
Работа ресторанов после введения новых ограничений для заведений общепита - Sputnik 日本, 1920, 24.10.2021
フォローする
ロシアでは新型コロナウイルスの急激な感染拡大により、各地でワクチン接種の証明書提示が求められている。こうした事態を受け、詐欺集団はワクチン接種証明書を偽造し、インターネットなどで販売するケースが多発している。偽造証明書は5000ルーブルから1万5000ルーブル(8000円から2万4000円)で簡単に手に入るという。
感染拡大が再び増加に転じたことから、 プーチン大統領は10月30日(土)から11月7日(日)までを非労働日に指定した。
国内では感染拡大状況の悪化から、一部地域で公共施設を訪れる際にワクチン接種証明書の提示が義務付けられている。
しかし、ロシアの接種率は依然として低い状態が続いており、45%前後となっている。一方、集団免疫の獲得には少なくとも80%を超える必要がある。
シンガポール - Sputnik 日本, 1920, 23.10.2021
新型コロナウイルス
シンガポール 新型コロナワクチン未接種者は2022年1月から出社禁止
ロシアでワクチン接種証明書の偽造は夏に横行したものの、秋に入って証明書の提示義務が解除されていたことから、一時は減少傾向にあった。しかし、この新たな感染拡大を受けて、偽造するケースが再び増加に転じている。
偽造証明書の入手にはパスポート、または運転免許証のコピーと電話番号を送るだけで十分だという。手数料は最大で1万5000円ルーブル程度とのこと。
関連ニュース
ファイザーの新型コロナワクチン 5〜11歳の子どもに接種した場合のメリットはリスクを上回る=FDA
有権者、景気対策重視が最多 コロナ禍で影響実感は7割超
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала