登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
羽生選手 - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
フィギュア特集

トルソワ、スケートアメリカ出場の経緯を説明

© Sputnik / Alexander Vilf / フォトバンクに移行Фигурное катание. II этап Кубка России. Женщины. Короткая программа
Фигурное катание.  II этап Кубка России. Женщины. Короткая программа - Sputnik 日本, 1920, 24.10.2021
フォローする
米ラスベガスで開催のフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカに出場しているロシアのアレクサンドラ・トルソワは、けがのため欠場を選択する可能性もあったが、朝起きたら足の痛みが和らいでいたため、出場を決意したことを明かにした。
トルソワは、スケートアメリカの女子シングル・ショートプログラム(SP)で自己ベストの77.69点をマークして首位に立った。2位はロシアのダリア・ウサチョワ(65.71)、3位も同じくロシアのクセニア・シニツィナ(71.51)。
トルソワは「自分の演技には満足しているけど、トリプルアクセルができなかったことには少しがっかりしています。次戦に入れられたらと思います。滑るか、それとも欠場するかという選択肢があったけど、朝起きたら足の痛みが和らいでいたので、戦うことを決めました」と語った。国際スケート連盟(ISU)がサイトで発表した。
関連ニュース
ネイサン・チェン「2018年平昌五輪の失敗が教えてくれたこと」
フジテレビ番組 筑波大の中村教授「ザギトワの最終目標はプーチン大統領と結婚す ること」暴言が物議
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала