登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

9900万年前の古代のカニ 琥珀の中で完全な状態で発見される

© 写真 : Javier Luque, Lida Xing9900万年前の古代のカニ
9900万年前の古代のカニ - Sputnik 日本, 1920, 24.10.2021
フォローする
ミャンマー北部産の琥珀から、これまで発見された中で最古のカニが完全な保存状態で見つかった。この発見により、古生物学者はカニの進化について見直しを行い、カニが初めて陸上に現れたのは2500万年から5000万年前と推定している。学術誌「サイエンス・アドバンシス」が伝えている。
国際研究チームは今回、約1億年前の琥珀に封じ込められた5ミリのカニの体を、マイクロコンピュータ断層撮影法を用いて分析した。このカニは完全に無傷の状態で琥珀の中に閉じこめられたことから、研究者は詳細に調べる事ができたという。研究者らは、今回発見されたカニを短尾科目に分類し、「クレタプサラ・アタナタ」と命名した。この琥珀は現在、中国雲南省の琥珀博物館に保管されている。
トゲを持つ恐竜の化石 モロッコで発見 - Sputnik 日本, 1920, 24.09.2021
トゲを持つ恐竜の化石 モロッコで発見
研究者によると、発見されたカニは、多くの点で現在の海岸に生息しているカニに似ているという。しかし、このカニにはエラはあるものの、大気中の空気で呼吸するのに適した器官が全くない。この点から、発見されたカニは水生か半水生動物だったと考えられている。研究者によると、これまで発見された琥珀に閉じこめられたカニの多くは、木に登る種のもの。そのため、今回発見されたものは珍しいケースだという。
スプートニクは以前、琥珀の中から恐竜時代の昆虫が発見されたことを伝えている。
関連ニュース
陸上から海へ進化する途中のクジラの化石が発見
世界一鋭い牙 猫サイズの猛獣の化石発見 オーストラリア
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала