登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米俳優ボールドウィン氏、小道具の銃発砲 新たな4つの情報

© REUTERS米俳優ボールドウィン氏
米俳優ボールドウィン氏 - Sputnik 日本, 1920, 25.10.2021
フォローする
米俳優アレック・ボールドウィンさんが映画の撮影現場で小道具の銃を発砲し、撮影監督が死亡、監督が負傷した事故をめぐり、米メディアやSNSは新たな4つの情報を伝えている。
1.
撮影班は撮影の合間に、空包が装填されているはずだったボールドウィンさんの拳銃で標的を撃って遊んでいた。その際に実弾が使われ、これが拳銃に残っていた可能性がある。
2.
事故の数日前に撮影現場では銃の誤射が少なくとも2回あったが、負傷者はいなかった。
3.
映画の武器担当者ハンナ・グティエレス=リードさんは必要な訓練を受けておらず、かつて11歳の女優にしかるべきチェックをしていない拳銃を渡すなど、一度ならずクレームが寄せられていた。
4.
撮影班のメンバーから、撮影現場の非常に危険な状態について繰り返しクレームが出ていた。
ボールドウィンさんは、「悲劇的な出来事」についてショックを受けていると発表し、警察の捜査に全面協力していることを明かにした。
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала