登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Концепция современных технологий - Sputnik 日本, 1920
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

日本版GPS衛星「みちびき」搭載のH2Aロケット、打ち上げに成功=NHK

© AP Photo / Katsumi Kasahara種子島宇宙センター
種子島宇宙センター - Sputnik 日本, 1920, 26.10.2021
フォローする
日本の三菱重工業は26日午前、日本版の衛星利用測位システム(GPS)とも呼ばれる人工衛星「みちびき」を搭載したH2Aロケット44号機を打ち上げた。
日本の準天頂衛星「みちびき」を搭載したH2Aロケット44号機は、26日午前11時19分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。NHKがこの様子を放送した。
準天頂衛星システムは、対地同期軌道の1つである「ツンドラ軌道」を移動する衛星3機と静止軌道を移動する1機で構成されている。GPS信号を遮ることなく受信できるため、測位可能時間は約99.8%に向上する。システムの精度により、ポジショニングエラーを数センチに減らすことが可能。
準天頂衛星システムの開発は2006年に始まった。 2010年9月、「みちびき」の1号機を搭載したロケットが打ち上げられた。この1号機がすでに設計上の寿命を迎えていることから、今回はその後継機として打ち上げられた
関連ニュース
韓国、初の国産ロケット打ち上げ
自動車メーカーのホンダ 新たにロボットや宇宙ロケットの開発に着手
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала