登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本の財務省が景気判断を下方修正

© Sputnik / Наталья Селиверстова / フォトバンクに移行東京
東京 - Sputnik 日本, 1920, 27.10.2021
フォローする
27日、日本の財務省は財務局会議を開催し、全国の景気判断を1年半ぶりに下方修正した。景気の下降は、半導体不足や東南アジアからの部品供給の遅れで、自動車産業で減産が続いていることなどが理由とされる。NHKが報じた。
3ヶ月ごとに開催される財務局会議では、全国11地域の状況をベースに「経済情勢報告」がまとめられる。
今回の景況判断では、持ち直しの動きが継続しているものの、「テンポが緩やかになっている」と表現され、前回7月の「持ち直しつつ」あるから修正されている。下方修正されるのは、昨年4月以来となる。
関連記事
日本 LNG在庫が過去5年で最高水準
意外にも共通点が多いロシアと日本の高齢者問題
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала