登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

20年前の主婦殺人事件 容疑者のDNAが一致

DNA - Sputnik 日本, 1920, 27.10.2021
フォローする
広島県福山市で20年前に発生した主婦の刺殺事件で、25日に逮捕された67歳の容疑者のDNAの型が事件現場に残された血痕と一致したことから、捜査対象に加えられた。NHKが報じた。
逮捕された竹森幸三容疑者は、今年、銃刀法違反の疑いで検挙されていたが、その際に採取されたDNAの型が事件現場に残されていた血痕と一致したという。同容疑者は容疑を否認している。
事件は2001年2月に福山市内の住宅で発生したもので、当時35歳の主婦が刺殺された。
関連記事
ゾディアック連続殺人事件 犯人の実像が50年を経て明らかに
9匹もの猫を次々に襲撃 英国のキャット・キラーに懲役判決
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала