登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

カムチャツカのカリムスキー火山、海抜4000メートルの高さまで噴煙を噴き上げる

© Sputnik / Boris Vdovenkoカリムスキー火山
カリムスキー火山 - Sputnik 日本, 1920, 28.10.2021
フォローする
露カムチャツカ半島のカリムスキー火山が28日、海抜4000メートルの高さまで噴煙を噴き上げた。火山学者が発表した。
火山学者らによると「噴煙は海抜4000メートルの高さまで上がり、火山灰は火山から東に9キロの範囲に広がった」。
カリムスキー火山は、26日及び27日にも海抜2500メートルの高さまで噴煙を噴き上げており、3日間で3度目の噴火となった。
カリムスキー火山は、カムチャツカ半島にある活火山で、標高は1469メートル。ペトロパブロフスク・カムチャツキー市から115キロに位置する。
関連記事
溶岩流止まないラ・パルマ島 カナリア諸島のラ・ゴメラ島知事が火口に爆弾投下を提案
人口を10分の1に減少させた超巨大火山、いまも危険な状態にある
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала