登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米空軍、ロシア艦隊に対する攻撃を訓練=フォーブス

 B-1B Lancer - Sputnik 日本, 1920, 28.10.2021
フォローする
米フォーブスは、米国のB-1爆撃機が黒海で長距離対艦ミサイルLRASMを用いたロシア艦隊への攻撃訓練を開始したと報じた。
AGM-158C LRASMは、米海軍が開発した長距離対艦ミサイルで、射程は930キロ。
フォーブスによると、LRASMを用いた攻撃訓練として、10月19日に米爆撃機2機が黒海上空の国際空域で訓練飛行を実施した。ロシア国防省は、これに対してクリミアに拠点を置くロシア空軍のSu-30戦闘機2機が緊急発進し、追跡したと発表していた。
フォーブスは、ロシア艦隊に重大な損害を与えるためには、例えば、露バルト艦隊に対してはB-1爆撃機2機とLRASMミサイル48発で十分だと報じている。
関連記事
ロシア太平洋艦隊 近い将来に新たに4隻の潜水艦を配備
米国防総省 極超音速兵器の実験中止を承認
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала