日本で開催の新体操世界選手権 ロシア代表が団体総合で優勝

© AFP 2022 / Charly Triballeau新体操のロシア代表チーム
新体操のロシア代表チーム - Sputnik 日本, 1920, 29.10.2021
新体操のロシア代表チームが、日本の北九州市で開催されている世界選手権の団体総合で優勝した。
フープ×3+クラブ×2とボール×5の演技で、ロシアチームは88.350ポイントを獲得した。ロシア代表メンバーは、アナスタシア・ブリズニュク選手とポリーナ・オルロヴァ選手、アンゲリナ・シカトワ選手、アリサ・ティシェンコ選手、マリア・トルカチョワ選手の5人。
ジーナ・アベリナ 北九州新体操世界選手権 - Sputnik 日本, 1920, 29.10.2021
北九州新体操世界選手権 物議を醸した判定でジーナ・アベリナのリボンは銀
2位は86.000ポイント獲得のイタリア代表、3位は85.400ポイントでベラルーシ代表が占めた。
新体操の世界選手権は10月31日まで日本で開催される。
関連ニュース
東京五輪の新体操金メダリストが世界選手権を欠場
新体操の採点をめぐるスキャンダル=東京五輪 世界はロシアの圧勝にうんざりしてしまったのか?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала